【おうちづくりコラム】平屋の誤解

前回の記事で、
安全・快適・便利をより良くするために
シンプルノートが行っている工夫について
お伝えさせていただきましたが、
この3つに共通していた答えが
「平屋にする」ということです。
 
つまり平屋にすればよりいい家をつくりやすくなるし、
かつ、家をコンパクトに出来れば、
2階建てより割安なコストで建てることが出来るので、
弊社では、平屋が建てられる土地では
99.99%平屋を提案しています。
 
とはいえ、百歩譲って
たとえ平屋を割安で建てられたとしても
逆に平屋を建てるとなると、
それなりに土地の広さが居るんじゃないか?
そして、そうなると土地代が高くなり、
結局、家づくりのコストが高くついてしまうんじゃないか?
と思っている方も少なくないと思うので、
今回はその点についてお伝えしていきたいと思います。
では、具体的に
縦横10mずつの100㎡(約30坪)の平屋を建てるとして、
一体どれくらいの土地が必要なのか考えていってみましょう。

IMG_9071.JPG

✔︎自分に必要な土地面積の求め方 
この場合、車を置く方向に5.5mとり
それ以外の方向を全て通路として1mずつとるとしたら、
間口として必要な長さは、
1m+10m+1m=12mとなり、
奥行きとして必要な長さは、
5.5m+10m+1m=16.5mとなります。
なので、12m×16.5m=198㎡(=約60坪)が、
この平屋を建てるに必要な広さということになります。
 
そして、この場合
車を4~5台置くことが出来るのですが、
仮にこんなにも駐車スペースが必要ないとしたら
もっと面積を小さくすることも出来ます。
 
この時に覚えておいていただくといいのが、
車1台あたりに必要な広さは
4.5坪だということなのですが、
仮にあなたに必要な駐車スペースが2〜3台だとしたら、
9坪面積を小さくした50坪強の広さで土地を探してもいい
ということになります。
 
もちろん、建てる家の大きさや、
土地の形によっては不可能な場合もあるので、
絶対にというわけではありませんがね。
あくまで物理的に可能だという意味合いです。
 
とはいえ、要は50坪あれば
平屋という選択肢がとれるわけなので、
間違えても、平屋を建てたいがために
新規分譲地を2区画も買うとか、
やみくもに広い土地を買うなんてことは、
絶対にしないでくださいね。
 
土地代だけじゃなく、
外構工事代もべらぼうに高くなるし、
ずっと払う土地の固定資産税も
高くなっちゃうだけですからね。

IMG_9107.JPG

✔︎解決すべきは明るさ問題
ただし、平屋を建てるとなると、
周りが家に囲まれている場合、
家が暗くなってしまうんじゃないかという
ネガティブな懸念点が出てくると思います。
 
駐車スペースが南であれば、
家の中が丸見えながらも
少なからず南からの光が入ってくるので、
その問題も幾分解消されそうですが、
それ以外の土地だと、セオリー通りの間取りでは、
どう考えても薄暗い家になってしまいそうですもんね・・
 
先程説明したように
敷地をいっぱいに使って
家を建てるとなればなおのことです。
 
そこで、家を建てるにあたって
知っておいて欲しいことが、
平屋の家で室内に充分な光を採り込むためには
隣家との間に充分な距離が必要だ
ということです。
 
例えば、すぐ南に家が建っている土地で、
南にリビングを配置しても全く光は入ってきませんが、
南の家から最も遠い位置にある北にリビングを配置してみると、
そして、そのリビングの南に大きな窓をつくってみると、
リビングには南からの光がたっぷりと入ってきます。
 
つまり、リビングの南に外をつくるということですね。
これが「中庭」です。

IMG_3793.JPG
 
すると、必然的に
東に建っている家とも、
西に建っている家とも、
充分な距離を取ることが出来るため、
1日中安定的に光を採り込むことが
出来るようになります。
 
また、南からの光が採れない南に配置した部屋にも、
中庭の壁に反射した光を窓から入れてやれば、
その部屋も自然光だけでずっと明るく保つことが出来ます。
 
これはあくまで一例ですが、
言いたいことが何かというと、
土地に合わせた設計さえ出来れば、
日当たり問題もあっさりとクリア出来るということですね。
 
なので、たとえあなたが平屋を希望しているとしても、
日当たりを気にし過ぎて必要以上に広い土地を買ったり、
南向きにこだわって買う必要は全くない
ということを覚えておいてください。
 
設計力さえあれば、どんな土地でも
常に安全・快適・便利な家を建てることが出来ますから!

PageTop