【無垢人home代表 年末のご挨拶】今年も誠にお世話になりました。

今年もおかげさまで皆様の家造りに
携わらせていただき、
たくさんのお客様にお会いできた事に感謝いたします。
商品発表会やセミナー、内覧会など
いろいろなイベントにご参加いただき
誠にありがとうございます。
私どもの家造りを知って頂けた事を
大変嬉しく思います。
このご縁を大切に社員一同、
誠心誠意努力して参りますので
今後ともよろしくお願いいたします。
尚、年末年始の休業期間は下記の通りです。

休業期間:2022.12/29(木)~2023.1/5(木)

年末年始はくれぐれもお身体には気をつけてお過ごしください。
それでは良いお年をお迎えください。

無垢人home代表 鈴木 健之

line_oa_chat_221223_110438.jpg

【おうちづくりコラム】家の性質と外構予算と

土地と家それぞれに掛けられる
自分にフィットした予算を知り、
かつ、どんな家が建てたいのかを
分かった上で土地選びをすれば、
家にフイットしそうなサイズの
土地を選びやすくなります。
 
結果、土地に出来る無駄な余白を
ミニマムに抑えることが出来、
外構工事(庭)にかかるコストを
ミニマムに抑えやすくなるのですが、
どっこい外構工事というものは、
建てる家によっても価格差が大幅に変わるという
性質も持っているので、
予算の取り方に注意しないといけません。

24783533_s.jpg
 
例えば、SIMPLE NOTEの家は正面から見ると
装飾のないシンプルな箱となっているため、
このイメージに合わせた庭にしようと思うと、
やれ塀やら、やれアプローチやら、
やれ門柱やら、やれ花壇やらといった
余計な装飾をする必要がありません。
 
というより、そんな余分な装飾をしてしまうと、
せっかくのシンプルで美しい外観が、
台無しになってしまいます。
 
そんなこんなでほぼ全てのお施主さんが、
車を置くところにのみコンクリを打ち、
残りは全部砂利、という
シンプルな仕上げになっているのですが、
その結果コストは安く抑えられます。
 
他方、装飾することによって
デザインを整えているお家は、
こういうわけにはいきません。
庭も家に合わせてコーデしないと、
せっかくのイメージが台無しになってしまうからです。
 
となると、
やれ家のイメージに合わせた塀やら、
やれ家のイメージに合わせた門柱やら、
やれ家のイメージに合わせた植栽やら、
やれ家のイメージに合わせたアプローチやら、
やれ家のイメージに合わせた花壇やら、
なんやかんやと装飾することで、
家とのバランスをとっていくことになります。
 
結果、その1つ1つのコストが
外構工事費を押し上げしていきます。

_DSC9411.jpg

また、SIMPLE NOTEの家は、
プライバシーの担保と防犯性も重視した結果、
外から見たら正面に窓がない
倉庫みたいな家になっているのですが、
この結果、プライバシーの担保や防犯性アップのために
塀や植栽や目隠しを一切する必要がありません。
家の外壁そのものが
塀のような存在と化しているからです。
 
それゆえ、さらに外構工事費用を
カットすることが出来るというわけです。
 
他方、プライバシーが担保されておらず、
防犯性の低そうなお家は、
つまり、外から家の中が丸見えとなるお家は、
塀や植栽や目隠しなどによって、
それらを強化せざるを得なくなります。
 
そしてこの結果、
外構工事費用がさらにかさむことになります。
 
このように、外構工事の予算は、
あなたがどんな家にしたいのか?
によっても大きく違ってきます。
 
また、これに加えて、
選ぶ土地のサイズを間違えてしまうと
さらに外構工事が高くなってしまうし、
平屋が建つ土地なのに
わざわざ2階建てを建ててしまうのも、
不用意に外構工事を高くする大きな原因となります。
 
なので、この事実を理解した上で家づくりを行い、
また資金計画を行っていただければと思います。
 
後から200万円も300万円も予算を超える
外構工事の見積もりを提示されて、
結局工事しないまま放置している方も
決して少なくありませんからね・・・

メリークリスマス!楽しいアドベントカレンダー

明日はクリスマス本番ですね♪
スタッフ宅も12月1日から、
クリスマスをカウントダウンする
アドベントカレンダーで
クリスマスらしさをアピールしています!

アドベントカレンダーには
少し良い値段のチョコレートを忍ばせています。
子ども達が小さいころは、我先にと引出しを開けていました。
今は、大人がしょうがないな。と開けています。

このアドベントカレンダーは、
ちょっと前に通販で購入して、引出しの中身だけ変えています。
中にはお菓子だけではなく、おもちゃという場合もアリです。
今はニトリやダイソーでも、売っています。
子ども達のお楽しみにいかがでしょうか?

最近は、大人向けのアドベントカレンダーも発売されています。
中身が紅茶や化粧品、お菓子など様々です。
11月頃にはCMされていることもあるので、大人の楽しみにもオススメです。

皆さま、よいクリスマスをお過ごしください。
メリークリスマス!
line_oa_chat_221223_104433.jpg

【おうちづくりコラム】人生の明暗を分ける家づくり

どうやら人は空間があると
埋めたくなる生き物らしく
空間を埋めると満足する生き物のようです。
 
実際、自分もスーパーに行くのですが、
スカスカの買い物カゴを見ていたら、
ついでにあれも買っておこうかなー?
なんて思っちゃって、
ついつい余計なものを買ってしまう(カゴを埋めてしまう)
ことも決して少なくなりません。
 
あと、カバンをデカくしたら、
荷物が妙に増えてしまうのも「あるある」ですよね。
で、無駄に重くて後悔するっていう・・
とまあ、どうやら人は空間があると
埋めたくなるらしいのですが、
家もまた、この効果がふんだんに
発揮される場所ではないでしょうか。

25092417_s.jpg
 
例えば、リビングダイニングをゆったりとつくるのが、
現在の家づくりの当たり前となっていますが、
広くつくり過ぎたあまり余白がたくさん出来てしまうと、
なんだか物寂しいというか、
殺風景な気がしてそこに何かを置きたくなります。
 
また、部屋に関しても同じで、
ベッドと机を置いてもまだ空間にゆとりがあるとしたら、
やれテーブルやらソファーやらを
その余白に置きたくなってきます。
 
そして、どんどん物が増えていき見る見るうちに
片付けや掃除がしにくい部屋になっていってしまいます。
さらに、収納なんかもまさに同じで、
少な過ぎて困らないようにはしないといけないのですが、
そもそも断捨離が苦手だとしたら、
つくり過ぎたら過ぎたで、
それに合わせてさらに物を増やしてしまうのではないでしょうか。 
結果、余計に整理不能な家になりやすいんじゃないか
という見方も出来ると思います。
 
24986628_s.jpg

✔︎お金がなくなる家づくり
多くの方が、家を建てる時
「備えあれば憂いなし」とばかりに、
部屋も出来るだけ多くつくろうとするし、
収納も出来るだけ多くつくろうとします。
また、同時に部屋や収納を
出来るだけ広くつくろうとします。
 しかし、そうすれば、必然的に家のコストは高くなるし、
それにプラスして
余白を埋めたくなる効果が働くことにより
余分な出費も確実に増えることになります。
 
つまり、家づくりのやり方によっては
どんどん手元からお金がなくなっていくかもしれない
というわけですね。
 
家が大きくなれば、その分固定資産税も高くなるし、
電気代も高くなってしまうかもしれませんしね。
そしてその結果、
積立投資に回す余力が全くなくなってしまい、
やがて迎える将来の暮らしに
天と地ほどの差が開くことになるというわけです。

25036151_s.jpg

✔︎人生の岐路となる家の予算計画
では、家にお金を突っ込み過ぎて
積立投資に回す余力がなくなってしまった人と、
積立投資に回す余力を残しながら家づくりをした人では、
一体どれくらいの差が開いてしまうのでしょうか?
 
40歳で家を建てるとして、
iDeCoに毎月1万円かけると共に、
つみたてNISAに毎月2万円かけられるだけの
余力を残した人とそうじゃない人で簡単に比較してみますね。
 
まず、つみたてNISAにて20年間
毎月2万円ずつ積み立てていくと、
20年間で合計480万円元本を預けることになるのですが、
この元本が毎年平均で3.6%ずつ増えていくと仮定すると、
20年後この元本は2倍に膨れ上がります。
つまり、480万円が960万円になるということですね。
  
では、続いてiDeCoに20年間
毎月1万円ずつ積み立てしていき、
つみたてNISA同様に毎年3.6%ずつ
お金が増えていくと仮定してみると、
これも同じように20年後、
預けた元本が2倍に膨れ上がります。
1万円×12ヶ月×20年=240万円なので、
iDeCoでも240万円お金が増えるということですね。
  
また、iDeCoには
掛け金が全額所得控除になるという
もう1つ大きなメリットがあります。
仮に、あなたが払っている
所得税と住民税の税率が共に10%だとしたら、
合計、掛け金の20%が
年末調整で返ってくるというやつです。
 
つまり1万円×12ヶ月×20%=2.4万円
2.4万円×20年=48万円
さらにお金が増えるということです。
ということで、これらを全て合算してみると
960万円+480万円+48万円=1488万円となり、
積立余力として3万円削りながら
家づくりの予算計画を立てた人と、
積み立て余力まで使い果たして家づくりをした人とでは、
極端に言ってしまうと20年後手元にあるお金が
こんなにも違ってくるという話なんですよね。

0062.jpg

いかがでしたか?
もちろん、この通りになるかどうかは
終わってみないと分からないし、
誰かが保証してくれるものでもありません。 
しかし、知っておいてもらいたいことは、
収入の多い少ないに関係なく、
家づくりのやり方一つで、
これくらいの差が生まれかねないということです。
 
さて、あなたは、
一生豊かに暮らし続けられる
「予算重視型の家づくり」と
一生余裕なく暮らし続けることになる
「願望重視型の家づくり」
このどちらを選択されますか?

【おうちづくりコラム】窓は少ない方がいい理由

「窓を増やせば増やすほど、家の中は明るくなる!!」
 
実に多くの方が、このような思い込みをお持ちですが、
残念ながら窓の多さと家の中の明るさには、
全くと言っていいほど相関関係はありません。
つまり、やみくもに窓を増やしたとて
それだけで家の中が明るくなる
わけではないということなのですが、
この行為は逆に様々なデメリットを生んでしまいます。

IMG_9107.JPG

例えば、窓が増えれば、
その分、窓掃除をする場所が増えます。
ガラスを拭いたり、網戸を拭いたり、
サッシそのものを拭く場所が増えるということですね。 
また、それらの窓の多くにカーテンが必要だとしたら、
窓が増えればその分カーテン代が高くなってしまいます。 
しかも、カーテンがあることによって
ガラスやサッシの結露に気付きにくくなり、
これがカビを増やす原因になることも
決して少なくないのではないでしょうか。

3532077_s.jpg

窓が増えれば、
その分家の断熱性能も悪くなってしまいますしね。
いくら以前に比べて、
ガラスやサッシの性能が良くなったとはいえ、
壁に入っている断熱材よりも、
断熱性能が良いわけじゃありませんからね。
 
そして、断熱性能同様に、
窓が増えることによって悪くなるのは家の耐震性です。
 窓があるところは耐力壁に出来なくなるので、
窓が増え、逆に壁が減れば、
その分耐震性が悪くなるということですね。 
さらに、窓は外壁を汚す一番の原因でもあるため、
窓を増やせば、その分外壁の汚れも目立ちやすくなります。
 
とりわけ、家の正面に窓をたくさんつくってしまうと、
家の正面が汚れやすくなるので、
外壁のメンテ周期が早まることになるし、
訪問販売のリフォーム会社の格好のターゲットとなり、
出費が増えることになりかねません。
 
この他、窓が増え、壁が減ることによって
収納が減ってしまうという隠れデメリットもあるので、
出来る限り窓が少なくなるように設計しないといけません。
もちろん、明るさや開放感を
一切犠牲にすることなく、です。

25244741_s.jpg

✔︎窓が少なくていい家の条件 
では、窓を最小限にするためには、
どのようにすればいいのか?
 この答えは、
「カーテンありきの窓をつくらないようにする」
ということです。
 
視線の遮断と共に光まで遮断してしまうのが
カーテンだからです。 
視線を遮るためのカーテンが
必要ない窓をつくることが出来れば、
その窓からはふんだんに光が入ってきます。
そして、壁や天井に反射して家全体に光が拡散されていき、
家全体が満遍なく自然光だけで明るくなります。
 
つまり、カーテンありきの窓にしなければ、
やみくもに窓を沢山つくらずとも
家の中が明るくなるというわけです。 
なので、設計をする時には、
方位や環境に配慮しながら、
それぞれに適した窓の形やガラスの種類を
選んでいただければと思います。

SIMPLE NOTEのおうち探検~駐車場広々!真っ白な平屋のおうち~

SIMPLE NOTEのおうち探検シリーズ。
今回は、駐車場が広い!真っ白&木材の平屋のおうちをご紹介します。

_DSC8953.jpg

外観です。
駐車場は屋根だけのガレージで
2台余裕で駐車できるスペースがあります。
ガレージもコンクリートも建物も真っ白なので、
まぶしいような明るさがあります。
コンクリートもなんだかオシャレに見える不思議さがありますね。
よく見ると自転車を置ける場所もあります。
屋根つきだから安心です。

001.jpg

リビングキッチンです。
等間隔に並んだ照明は、木材をアクセントにしています。
フローリングとおそろいでいいですね!
SIMPLE NOTEが得意とするウッドデッキから
たくさんの光が入ってとっても明るいです。

004.jpg

キッチンから見たリビングです。
シンク上の照明は、手元が見えるように下がっているのが嬉しいですね。
見晴らしがとてもいいキッチンで、
家族とコミュニケーションしながら
楽しく料理できそうです。

010.jpg

キッチン奥にあるパントリーです。
収納力抜群の容量で主婦は、大満足ではないでしょうか。
スーパーの棚のようにキレイに陳列したくなる
パントリーですね。
SIMPLE NOTEは、大容量パントリーも得意としているので、
自分の理想をカタチにできそうです。

018.jpg

お部屋です。
こちらもウッドデッキから光が入ってまぶしいくらいです。
クローゼットもあるので、嬉しいですね。
フローリングの木材が優しい印象に。

027.jpg

ウッドデッキです。
まるでどこかの美術館の景色のよう。
どの部屋からもアクセスできて、外から見えないところがポイント。
洗濯物を干すのも良し。まったりのんびり寝転んで過ごすのも良し。
何をしようかワクワクするようなウッドデッキです。

スタッフもウッドデッキが好きなのですが、
こんなに広いウッドデッキではないので、
羨ましいです!
また通りに面したウッドデッキなので、
視線が気になり過ぎて、リラックスはできません(笑)
SIMPLE NOTEのウッドデッキは、視線が全く気にならないように
設計されているので、かなりリラックスできそうですね。

SIMPLE NOTEは、全て自由設計のおうちになります。
お客様のご要望をお聞きしながら、設計していきます。
詳しい情報など
無垢人homeのSIMPLE NOTEのページはこちら

【おうちづくりコラム】使い勝手 VS 見た目

SIMPLE NOTEが、提案する家の特徴の一つに
キッチン裏にガッツリつくる
巨大なパントリーがありますが、
(↓これです)
IMG_5096.JPG
その意図は、リビングやダイニングからキッチンを見た時、
雑然としないようにするためです。
 
つまり、通常キッチンの背面に
あることが当たり前とされている冷蔵庫や家電類を、
全てこの収納の中に入れ込んでしまうことで
キッチン周辺に出がちな生活感を滲み出さないようにする
というわけです。

では、今回はこのパントリーをつくった場合の
メリットとデメリットについて
お伝えしていきたいと思います。
何事もそうですが、
デメリットがない万能なものなんて
99%存在しないと思うので、
メリットだけじゃなくデメリットについても
正直にお伝えしていきたいと思います。
その上で、自分はどうしたいのか
考えてみていただければと思います。

24641840_s.jpg
✔︎メリット 
キッチンの背面に冷蔵庫を置いた場合、
冷蔵庫にペタペタと貼ってしまう
学校や塾の予定表やゴミの日程表などが、
リビングやダイニングから丸見えになり、
これが生活感を滲み出してしまいます。
 
他方、パントリーの中に冷蔵庫を置くようにすれば、
リビングやダイニング側から
冷蔵庫の姿が見えなくなるため、
冷蔵庫に予定表や日程表などをペタペタと貼っても
リビングやダイニングから見えません。
 
また、同じように
オーブンレンジや炊飯器をはじめとした
家電類も全てパントリーの中に置くことになるし、
食品ストックなども全て
パントリーの中に置くことになるのですが、
これらも全てリビングやダイニングから
見えないようになるので、
少々雑然としていても生活感が出る心配もありません。
 
そして、パントリーをつくることによる一番のメリットが、
リビングやダイニング側から見た時、
死角の壁が出来ることです。
 
丸見えにならない壁があることによって、
それこそ日程表や予定表はもちろん、
子供の名付けや連絡票や、
見えるところで管理しておきたい書類関係を
全て心置きなく壁に貼り付けておくことが出来るからです。
 
つまり、パントリーという死角となる隠れ部屋を
キッチン裏につくることによって、
生活感が出やすいキッチン周りを
無理なくスッキリ維持しやすくするのが、
パントリーが担う役割というわけですね。
キッチンの背面は、
リビングやダイニングから見たら、
ただのスッキリとした壁ですからね。

23128986_s.jpg
✔︎デメリット
しかし、ここで多くの方が悩むことが、
冷蔵庫や家電が裏に隠れてしまうと
遠くて不便になってしまうんじゃないか
ということです。
 
確かに、コーヒーメーカーやポットなどは
使う時にキッチンに出してくることも出来ますが、
移動させられないオーブンレンジなどは、
パントリーの中まで自分が移動していかないといけません。
 
また、食器などを片付けるのも
パントリーの中になると思うので、
それが面倒くさそうという方も
いらっしゃると思います。
なので、振り向いたところに
それらがあってほしいと思う方にとっては、
この大型パントリーは「良いけど、どうなんだろー?」
と思ってしまうかもしれません。
 
冷蔵庫に関しては、
扉の向きが変わるものの位置に関しては、
キッチン背面に冷蔵庫を置く場合と変わらないので、
不便さは一切感じないんですけどね。
 
もちろん、家電置き場だけキッチン背面につくるという
この不安を解消するアイデアもあるんですが、
これを採用すると、
キッチン背面の壁に凹凸が出来てしまうことになります。
 
となると、
あくまで見た目の話になるのですが、
空間のスッキリ感が消えてしまうと同時に、
生活感が滲み出やすくなります。
キッチン背面にモノを置けるようにしたことで、
油断すると、そこに何でも置いてしまいやすくなるからです。
 
まー個人的には、
冷蔵庫も家電も隠す方がオススメなので、
提案の時はいつもそうしているし、
出来れば見た目にこだわって欲しいと
心の中では思っているんですけどね。
 
LDKのカッコよさは、
リビングやダイニングからガッツリ見える
キッチンの背面のスッキリ感にかかっている
と言っても過言じゃないと思うので。
 
というわけで、「使い勝手」VS「見た目」という
この甲乙つけがたい難しい問題。
さて、あなたならどっちを選びますか?

【おうちづくりコラム】外観をシンプルに仕上げる5つの理由

施工実例をご覧いただければ一目瞭然ですが、
SIMPLE NOTEの家には正面に窓がありません。
 
そして、それが家の美しさを際立たせているのですが、
とはいえ、ただ単に美しさだけを追求して
そうしているわけではなく、
そこには、それなりにちゃんとした意味合いがあります。
 
では、今回は5つあるその理由について
お伝えしていきたいと思います。
結論としては、
この5つ全てがうまく絡み合うことによって
住まいにとって大切な
居住性と経済性を高めているというお話です。

IMG_9790-Edit.jpg
 
✔︎理由1:汚れにくいから
まず1つ目の理由がこれです。
外壁が汚れる最大の原因は、
窓や換気扇といった外壁から突起した部材です。
窓からダラーっと流れる垂れジミと
換気扇から出てくる黒ずんだ汚れですね。
なので、家の正面にそれらをつくらないことによって
そもそも汚れの原因を排除しているというわけです。
とりわけ北が正面になる場合は、
直射日光が当たらない分、
余計に汚れやすいですしね。
 
そして、あまりにも汚れが目立つことになれば、
外壁の塗り替え頻度が高くなり、
維持管理コストが高くついてしまいます。
また、汚れが目立つお家は、
訪問販売のリフォーム業者にも目をつけられやすく、
さらに出費がかさむことになるかもしれません。
(不安を煽られて工事する方向に持っていかれちゃうからです)
そんなこんなで、
建てた後の維持管理費を少しでも抑えるために、
汚れの原因を元から排除しているというわけです。
 
IMG_9803-Edit.jpg

理由2:間取りが分かりにくいから 
そして、2つ目の理由がこれです。
まー、言うなれば泥棒さんに狙われにくくしている
という感じですかね。
日本は外国に比べて治安が良いので、
そこまで心配する必要ないかもですけどね(笑) 
とはいえ、パッと見ただけで
間取りが分かってしまう家より、
どこからどう見ても間取りの想像がつかない家の方が、
安心して暮らせそうな気がしますよね?
 
✔︎理由3:プライバシーが確保しやすいから 
3つ目の理由がこれです。
家の正面は何も建たないため光も採りやすいですが、
その分、視線も入ってきやすいという
隠れデメリットがありますからね。
そして、視線を遮るためにカーテンを閉め切ってしまったら、
家の中が暗くなっちゃいますからね。 
これに関して特に注意しなければいけないのが、
南向きの日当たりが良い土地ですね。
 
南向きの土地の場合、
南からの光を家の中にたっぷり採り込みたいあまり、
大きな窓をたくさん正面につくってしまいがちですが、
そうなれば防犯性もプライバシー性も
最悪の状態になっちゃうからです。
なので、家の中への光の採り込み方を工夫することによって
家の正面からの採光に頼らなくて
いいようにしている次第であります。
 
004.jpg

理由4:意匠性を高めるため 
ちょっとカッコよく書いてみましたが、
要はデザイン性を高めるってことです。
携帯電話や家具や車同様に、
カッコ悪いデザインのものより
カッコ良いデザインの方が良いからです。
あくまでこれに関しては、
理屈ではなく感情的な要素となるので、
説明はこれくらいにしておきますが。 
しかし、デザイン性を高めることは、
実は裏に隠された大きなメリットがあるんですよね。
 
✔︎理由5:外構費用が安くなるから
それが、この最後の理由です。
家のデザインが美しくなると、
庭に装飾をする必要がなくなります。
家そのものが美しい場合、
庭もそれに合わせてスッキリシンプルに仕上げた方が、
家をより引き立ててくれるからです。
そしてその結果、
庭の予算を押し上げる余分な工事の
一切をなくすことが出来ます。

また、防犯性とプライバシー性を
高めるための植栽や目隠しや塀などの
余分な工事も一切必要なくなります。
そんなこんなで、庭にかける費用も、
ダントツで安くなるというわけです。
もちろん、無意味に広い土地を買っちゃうと
この限りじゃありませんけどね・・・
 
いかがでしたか?
端的に説明させていただきましたが、
こんな外観にしている理由を
大体ご理解いただけたでしょうか?

【おうちづくりコラム】土地を安く買う秘訣

多くの方が、新しく造られた分譲地を好んで購入しようとしますが、
この場合、やってはいけないことが、
南向きの土地を買おうとすることです。
 
理由は簡単。一番価格が高いからです。
かつ、値引き交渉も不可能だからです。

そんなわけで、土地探しをする時は、
出来れば南向き以外の土地にしていただくことを
推奨しているのですが、
その理由は一体なんなのでしょうか。

1666299_s.jpg
 
✔︎日当たりがいい土地をスルーすべき理由
それは、日当たりがいい土地ほど、
想像とかけ離れた家になってしまいやすいからです。
 
例えば、南向きの土地で南向きに部屋をつくり、
その南面に大きな窓をつくれば、
とっても明るい家の完成を想像するでしょう。
 
しかし、いざ住みだすと、
そこに設置したカーテンを開けることが出来ません。
中が丸見えになってしまうからです。
 
結果、室内に十分な光が採り込めず
奥の方に配置した部屋がすべて暗くなってしまうし、
同時に、風を家の中に入れることも出来ません。
 
また、リビングの外に設けた
ウッドデッキを使えるようにするために、
目隠しや塀や植栽などが必要となり、
外構工事(庭づくり)にとてつもないコストが必要となります。
 
つまり、土地を買う時の期待値と
実際得られる成果との間に大きな開きが出てしまう上、
土地に加えて外構工事まで価格が跳ね上がることによって、
経済的な負担をさらに押し上げてしまうというわけですね。
 
他方、土地の日当たりの良さと
家の明るさや心地よさには全く相関関係がなく、
むしろ一見条件が悪そうな土地の方が、
明るくて心地いい家を設計しやすいと
家づくりをする前に知っていれば、
日当たりを無視して土地選びをすることが出来ます。
 
そして、南向きの土地に建つ家より
はるかに明るくて心地いい家を
南向きの土地よりもはるかに価格を抑えながら建てることが出来ます。
 
売れにくそうな土地は、そもそも価格が安く設定されている上、
さらに値引き交渉にも応じてくれやすいからです。
 
そんなこんなで、
美しく整えられた分譲地がいいという方には、
南向き以外の土地はもちろん、
一番価格が安い土地をオススメしている次第です。

IMG_9710-Edit_02.jpg
 
✔︎さらに土地価格を抑える秘訣 
そして、ここからが個人的に推奨している土地の探し方なんですが、
それは、資金計画で出た現実的な土地価格の範囲内で、
出来るだけ不動産屋に情報を集めてもらい
一つ一つ現地を見に行くことです。
 
これは、実際僕がやっている方法で、
とにかく良い悪いに関係なく
その予算の範囲内である土地情報をなるだけ送ってもらい、
予めそれを全て下見した上で、
良さそうな土地だけに厳選して
いつも提案させていただいています。
 
この方法で土地選びをすると、
リアルに同じ地域で買う分譲地よりも、
数百万円も価格を抑えながら土地を買うことが出来ます。
(場合によったら半値ぐらいのこともあります)
 
ただし、この方法をやるためには、
土地を探してもらう前に、どんな家を建てたいのかを
ある程度決めておかないといけません。
 
あなたが家に掛けられる予算がどれくらいなのか?
その予算で出来る家はどれくらいの広さになりそうなのか?
平屋が良いのか?それとも2階建でも良いのか?
などなど、です。
 
これが分かっていると、
そのために必要な土地の広さが
どれくらいなのかが分かるため、
土地探しの依頼をしやすくなります。
 
そして、集まってきた土地情報に対して、
どんな家になるのかをイメージしながら
下見に行くことが出来るため、
より土地選びがしやすくなります。
 
まー、ただ分譲地じゃない土地を狙っていく場合、
境界や水道や排水などを
現地でチェックしておく必要があるので、
その点に注意しながら土地を見なければいけないし、
それらに余分な費用がかかる場合が多々あるので、
それらも考慮した上で、
土地の良し悪しや価格の良し悪しを
判断しないといけないんですけどね。
 
とはいえ、大胆に土地価格を抑えるためには、
こういった分譲地じゃない土地も
視野に入れるべきだと思うので、
どうしても土地を買わないといけない状況の方は、
ぜひこの記事を参考にしてもらえたらと思います。