【おうちづくりコラム】変動型ローンの2つの条件

24513414_s.jpg

ここ最近お会いさせていただく方の多くが、
iDeCoやつみたてNISAに加入していたり、
あるいは加入のために情報を集めていたりするのですが、
これから家づくりをする方は、例外なく、この2つに加入することを
前向きに検討すべきだと思います。
 
そして、その原資がつくれるよう家計の収支を見直すべきなのですが、
もちろん、住宅ローンの返済額をどれくらいにするのかも
建てる前によく考えておくべきことの1つです。
 
つまり、住宅ローンの負担が
大きくなることによって家計が圧迫され、
iDeCoやつみたてNISAが出来なくなってしまわないよう、
家にかける予算は考えるべきだということですね。
 
また、家の予算をよく考えるとともに、
家づくりのお金のことに関して
もう1つ大切なことが、
住宅ローン商品を変動型と固定型の
どちらにするのかということです。
 
この2つのどっちが良いのかは
終わってみないと分からないので、
絶対にこっちにした方がいいとは言い切れないんですが、
個人的には、現在の金利水準からして、
固定にしておいた方が良いんじゃないか
とは思っているんですけどね。
 
理由は、現在の世界情勢を見る限り、
金融緩和姿勢を貫く日銀も利上げを実行せざるを得ない可能性が
どんどん高くなっているような気がするからです。
とはいえ、固定を選ぶより変動を選んだ方が、
金利も安く返済金額を抑えることが出来るのも事実なので、
今回は、固定よりもやっぱ変動かなーと思っている方に、
その場合に考えておくべきことについて
お伝えしていきたいと思います。
 
✔︎変動金利のリスク
変動金利のリスクは、
金利が景気に連動して変わることです。
それゆえ、もし金利が上昇してもあたふたしないように、
計画的に貯金をしていかないといけません。
 
また、それと同時に、
当初の固定期間が終わる時に金利の交渉をするか、
あるいは借り換えすることを、
視野に入れておかないといけないのですが、
仮にあなたが、借り換えをすることを
前提として考えているとしたら、
以下のことに注意しておくべきです。
 
23592116_s.jpg

・健康状態を維持すること 
住宅ローンを借りる時には、
団体信用生命保険に加入しなければならないのですが、
となると、健康でいることが借り換えの前提条件となります。
 
なので、適度に運動することと、日頃から食事や生活習慣に
気をつけておくことが大事だし、
病気の傾向は血筋も関わってくるかもしれないので、
主債務者となる方の身内の病気の傾向も頭に入れた上で、
住宅ローン選びをしていただくことも大切かと思います。
 
・常にスキルアップしていくこと 
住宅ローンは、長期で組むのが当たり前となっていますが、
あなたの職場やあなたの仕事が、
ローンの返済期間中ずっと存在するという保証はあるでしょうか?
また、途中で業績が悪くなり、
給料が減額されたり、ボーナスがなくなったり、
最悪クビになる可能性だって全くないとは言い切れないと思います。
なので、職場に依存せず何が起こってもいいように、
常にスキルアップしていくことも大切です。
借り換えするとしたら、再び銀行に審査されることになるので、
それなりの収入がないと話になりませんからね。 
また、出来るだけ長い間働き続けられるようにするためには、
かつ、高いパフォーマンスで働き続けられるようにするためには、
やはり健康でいることが大切になります。 
そんなこんなで、この話は、変動型を選ぼうと思っている方に
限った話ではないのですが、特に変動型を選ぼうと思っている方は、
健康でいることと常にスキルアップすること、
この2つに関して、より高い意識を持つようにしてもらえたらと思います。
 
そして再び話は元に戻りますが、そもそも論として、
家づくりは絶対に無理のない予算でしてくださいね。
無理をして家を建てても不動産屋や住宅会社が
これからのあなたの暮らしに
責任を持ってくれるわけじゃないですからね。
結局、全て自己責任なので、自分に合った予算設定と
自分に合ったローン選びをしてください。
 
他人は他人、自分は自分、です。
他人の言動に振り回されないよう雑音を気にせず、
あくまで自分に合った家づくりをすることに
集中してくださいね。

【おうちづくりコラム】家と土地と固定概念と

3416967_s.jpg

家はたとえ同じ面積でも形によって価格が異なります。
また、縦横のバランスによっても価格が異なります。
 
例えば、工事面積が120㎡の平屋を建てる場合でも、
縦12m×横10mの家と
縦15m×横8mの家と
縦20m×横6mの家とでは、
壁の施工面積が異なることから、建築コストも違ってきます。
 
縦12mの場合、外周の長さは44mですが、
縦が15mになると外周の長さは46mになり、
縦が20mになると外周の長さは52mになるからです。
 
つまり、縦横の比率が崩れるほど
家のコストは高くなるというわけですね。
それゆえ、建築コストを抑えるためには、
縦横の比率を限りなく同じに出来る土地を選べばいいのですが、
では、仮にあなたが建てたい家が、12m×10mの平屋だとしたら、
一体どんな土地を選べばいいのでしょうか?

_DSC9411.jpg 

✔︎必要な土地の広さの求め方
この場合、間口が10mの家を建てるとしたら、車置き場に奥行き約5.5m、
それ以外の建物の周囲にそれぞれ通路として1m確保したとして、
間口12m(通路1m+家10m+通路1m)
奥行き18.5m(通路1m+家12m+車5.5m)が必要となります。
 
つまり12m×18.5m=222㎡(約67坪)の土地が
必要だということですね。
 
また、建物の間口を12mにした場合、
土地の間口が14mで奥行きが16.5mとなり、
231㎡(約70坪)の土地が必要だということになります。
 
なので、あなたが120㎡の平屋を建てたいとお考えだとしたら、
67~70坪あたりの広さで土地を探せば、
なんの問題もなく建てられるということになります。
 
✔︎土地の向きはどの方向がいいのか?
では、土地の向きは一体どれがいいのでしょうか?
南向きがいいのか?
あるいはそれ以外でもいいのか?という話です。
 
先程、土地の面積を試算した時に、
車を置くところ以外の方向は全て
ほぼ敷地いっぱいに配置しました。
 
となると、車を置く方向が南であれば、
問題なく家の中に光を採り込めそうですが、
それ以外の方向の場合、隣接して家が建っているとしたら、
家が暗くなってしまいそうな気がしますよね?
 
それゆえ、みんな安定した日当たりを求めて
南向きの土地を選ぼうとします。
 
ですが、南向きの土地で、
南面に採光のための大きな窓をつけてしまったら、
一体どうなるでしょうか?
 
家の中が丸見えになってしまうので、
確実にカーテンが開けられない家になってしまいます。
結果、家の中は場所によって明るさにムラが出来るし、
南向きであるにもかかわらず、
朝から照明なしでは過ごせなくなってしまいます。
 
でも、南以外の方向を選んだ場合、
そもそも南の窓から光を採り込めなさそうなので、
そうなるよりはマシだと感じる方も少なくないと思います。

_DSC9335.jpg
 
✔︎採光のカギは南の建物との距離
南向きの土地以外で先程お伝えした平屋を建てる場合、
リビングを南に配置してしまうと、
確実に家の中に光が入ってこなくなります。

それゆえ、この考え方で平屋を建てる場合、
リビングにたっぷりと光を入れるためには、
近隣の建物から十分離れたところに
リビングを配置するという手段を取ります。中庭を設けながら。

この手段を取ることが出来れば、土地の日当たりにこだわる必要がなくなり、
土地選びの自由度が格段に増します。

かつ、土地価格をグンと抑えることが出来ます。
日当たりが悪そうな土地は、そもそも価格が安めに設定されているし、
価格交渉もしやすくなるからです。

なので、こういった家の建て方があることも
ぜひ知っておいてもらえたらと思います。
これが、土地と建物と外構にかかるコストを最大限に抑えながら
平屋を建てる最良の手段ではないでしょうか。

【おうちづくりコラム】設計図の盲点って?

ここ2年ほど、3Dで立体画像を見ていただきながらプランの説明をしているので、
紙ベースで説明を行っていた以前に比べ説明が楽になったし、
説明を受けるお客さんも、ずいぶんと家のイメージを掴みやすくなったと思います。
 
外観にしても、360度回転しながら見ることが出来るし、
内観にしても、まるでそこに居るかのような状態で見ることが出来るし、
これに加えて、光の入り具合も、月ごと、そして時間ごとに見てもらえますしね。

そんなこんなで、現在家を建てている方は家が仕上がった時、
「あれっ?なんか思っていたのと違う・・」という状況に遭遇することが
限りなくゼロに近くなったのですが、
とはいえ、この立体画像にも盲点があるので、今回はその点について
お伝えしていきたいと思います。

kaji_hiraya.jpg
 
✔︎表示されない部材がある
実は、立体画像には、実際はあるものなのに
表示されない部材がいくつかあります。
(設計図の立面図にも表示されません)
 ・エアコンの室外機
・エアコンの配管
・水回りの換気扇
・給湯器
・雨樋などです。

 なので、立体画像を見る時には、これらが一体どこに露われるのか想像しながら、
注意深く外観を見なければいけません。
 例えば、北向きの土地の場合、一般的に水回りを北に並べて
配置することが多いのですが、そうなれば、玄関と同じ面に
たくさんの窓とともに、たくさん換気扇があらわれます。
 そして、そうなると窓からの垂れジミとともに、
換気扇からのドス黒い汚れが正面の壁に付着することになります。
北面は太陽の日が当たらないため、汚れやすいだけじゃなく
汚れも分解されにくいですからね。 
また、水回りを北に配置すれば、その近くに給湯器を置くことになるので、
家の正面に給湯器が出てきてしまうなんてことも決して珍しくありません。
 これらの結果、余分な部材によって不細工な仕上がりになってしまうと共に、
家が汚れやすくなることで、よりいっそう不細工になりやすく、
かつ、メンテナンスに余分なコストがかかりやすくなります。

IMG_9100.JPG

次に南向きの土地の場合、日当たりの恩恵を最大限享受するために、
玄関と共に、リビングやダイニング、そしてキッチンまで全て南向きで
間取りをつくっているお家がたくさんありますが、
この場合、まず玄関のすぐ横に、リビングのエアコンの室外機が
あらわれてくることになります。
 また、この場合キッチン脇に勝手口をつくった方が
ゴミ出しが便利なので、必然的にキッチン脇に勝手口ドアがつき、
そうなれば外には勝手口の下り段が出来ることになります。
 そして、そこには壁付けの照明と、雨をしのぐための庇がつくことになり、
かつ、ゴミやゴミ箱が並べられることになるので、
正面の景観が不細工になると同時に、それらが正面の壁を汚す原因となります。

✔︎設計図を見るときの注意点 
間取りはものすごく大切なのですが、かといって間取りばかりに夢中になって
外観を厳かにしてしまうと、このような残念な結果になってしまいます。
 
そして、これらに後から気付くのですが、
気づいた時には「時すでに遅し」です。 
なので、提案してもらっている設計図を見る時は、
エアコンや換気扇がどこにつくのか、や雨樋がどのようにつくのかまで
意識しながら見るようにしてください。
また、それと同時に、部屋の窓から外がどのように見えるかと、
外から部屋の中がどのように見えるかを
想像しながら見るようにしてください。
単純に障害物がないからと大きな窓をつくっても、
そこが外から丸見えになってしまうのでは、
結局、カーテンが開けられなくなり、
せっかくの光を殺してしまうことになるからです。
想像力が必要となるので、難しいと感じるかもしれませんが、
これらのことは動線や使い勝手に匹敵するぐらいとても大事なことです。
なので、今回の内容を頭に入れていただきつつ、
間取りばかりに夢中になり過ぎず、
もっと全体を見ながら家づくりをしていただけたらと思います。

IMG_9107.JPG

【おうちづくりコラム】家の価格の見方って?

IMG_9597.JPG

家の価格は、大きさ、形、間取り、使う材料など
様々な要因によって異なるので、単純に比較することが出来ません。
 
例えば、面積100㎡(約30坪)のお家を建てる場合でも、
縦横それぞれ10mのお家と縦が5m、横が20mのお家とでは、
家の価格が大きく異なります。
 
縦横それぞれ10mのお家は、周囲の長さが40mになるのに対し、
縦が5m、横が20mのお家は、周囲の長さが50mとなり、
10m分工事面積が大きくなるからです。
 
つまり、壁の工事面積が25%割り増しになるため、
それに伴って、外壁、耐震パネル、クロス、石膏ボード、断熱などの
工事費用が増えてしまうということですね。

IMG_9291.JPG

また、使っている水回り商品(キッチン、お風呂、洗面、トイレ)
の標準仕様が異なれば、それだけでも家の価格は違ってくるし、
(かたや総額で150万円なのと、かたや総額で75万円なのとでは、
それだけで75万円も違うという感じです)
それ以外でも外壁材や断熱材などは、家の価格に大きな差を生む原因となります。
 
さらに、出してくれた見積もりの中に、一体どこまでの工事費用が
含まれているのかによっても、家の価格は大きく異なります。
 
例えば、浄化槽工事費用が入っているのといないのとでは、
それだけで家の価格は40~50万円違うし、図面作成費用や建築確認費用といった
いわゆる設計費用が入っているのといないのとでは、30~40万円ほど家の価格が違ってきます。
 
この他、見積りの中に含まれていそうでいないのが、
照明器具や地盤調査や屋外の水道工事費用なのですが、
これらが入っているのといないのとでも、ざっと80万円〜100万円ぐらい
家の価格が違ってきます。

IMG_9655.JPG

あとは外構工事ですね。これは、どんな庭を希望するかで
ものすごく価格が違ってくるので、うちの会社でも基本的に
家の価格に入れてないのですが、この工事費用も、ほぼ確実に
家の価格には含まれてないので、別途でこの費用もかかることを
あらかじめ理解しておかないといけません。
 
それからこれは家に限ったことではないのですが、
価格を伝えられる時、案外含まれてないことが多いのが「消費税」です。
 
1,000円や2,000円の商品の場合なら、100円や200円ぐらいの話なのでまだいいものの、
さすがに家となると200万円前後もの驚異的な価格差が生まれてしまうので、
ちょっとシャレにならないですね...
 
このように家の価格は基本的に家の大きさによって異なるのはもちろん、
同じ大きさでも家の形によっても異なるし、どんな間取りなのかによっても異なります。
 
また、これに加えてどれくらいのグレードを標準としているのか、
一体どこまでの工事がその金額の中に含まれているのか、
さらに消費税が入っているのかどうかによっても、家の価格は大きく異なります。
 
ということで、素人であるお施主さんが、
これらを完全に理解することは難しいでしょうから、単純に価格だけで比較しないこと、
そして、価格のことを聞く時は、こういった費用も含めた全ての建築費用がいくらなのかを、
聞くようにしてもらえたらと思います。

【おうちづくりコラム】家の大きさの「固定概念」

IMG_5078-Edit.jpg

一般的には35~40坪ぐらいが、家の適切な大きさとして認知されています。
そして、実際それぐらいの大きさのお家がたくさん建っているので、
自分自身もそれぐらいの大きさの家を、建てようとお考えになると思います。
 
現在住んでいる賃貸は、収納は少ないわ、部屋数も少ないわ,
で、荷物が納まらなくて、うんざり...という方がほとんどです。
 
せっかく家を建てるんだったら、
部屋や収納に困らない家にしたいと思うのが普通ですもんね。
 
とはいえ、実際のところはそこまで面積はいらなかったりします。

というわけで今回は、その理由を家の大きさを分解しながら
お伝えしていきたいと思います。
 
■36坪の家の間取りとは?
 
現在建てられているお家の多くは、1階と2階の大きさがほぼ等しい
2階建てのお家です。
となると、このお家の1階と2階は、それぞれ18坪ずつということになり、
これを帖数に換算すると、36帖ずつということになります。
 
(36帖の1階を分解)
・玄関&ホール:2帖
・玄関土間収納:3帖
・LDK:16帖
・和室:6帖
・収納:1帖
・洗面脱衣:3帖
・トイレ:1帖
・風呂:2帖
・階段:2帖(うち1帖階段下収納)※リビング階段を前提
 
(36帖の2階を分解)
・階段:2帖
・廊下:3帖
・トイレ:1帖
・寝室:10帖
・ウォークインクローゼット:3帖
・子供部屋:6帖×2室
・クローゼット:1帖×2室
・書斎or納戸:3帖
 
ごく一般的には、こういった感じだと思います。
では、ここからちょっと突っ込んで、考えてみたいと思います。
 
IMG_9790-Edit.jpg
★平屋が高くない理由
 
仮にあなたが家を建てる土地が55坪以上あるとしたら、
そこには平屋を建てることが出来ます。
 
そして平屋を建てるとしたら、
先程の中からいらなくなるものが出てきますよね?
階段・2階の廊下・2階のトイレです。となると8帖分家が小さくなります。
 
また、すべての部屋と収納が1階にある平屋の場合、和室も必要じゃなくなります。
自分たちの部屋をフル活用出来るため、わざわざ余分な部屋をつくる必要がなくなるからです。
 
子供たちのモノは子供部屋に片付ければいいし、
自分たちのモノも寝室に片付ければいいし、
そうなればLDKをいつもキレイ状態で保ちやすく、
来客をLDKに招くことが出来るからです。
 
ということで、和室の6畳も省くとすると、
合計で14帖(7坪)省くことが出来ます。
 
つまり、2階建てという選択肢ではなく、平屋という選択肢にしてみただけで、
家の大きさは36坪から29坪まで縮んだということですね。
 
もちろん、なにかに不自由することもなければ、
むしろ使い勝手が格段に良くなった上で、です。
すべての部屋と収納が同じフロアにあることによって、です。
 
となると、実は建築コストも安く納まりやすくなります。
仮に、36坪の2階建てが坪60万円で建てられるとしたら、
建築費は2,160万円になりますが、
これが平屋となることによって坪単価が10万円上がったとしても、
建築費は2,030万円になるわけですからね。
 
★そんなこんなで結論
 
一般的には、35~40坪ぐらいの家を建てることが
ごく当たり前となっていますが、建てる家を「平屋」にすれば、
ざっと計算しただけでも、7坪ぐらい小さくなるわけだし、
もっと突き詰めて考えていけば、さらに3~5坪ぐらい小さくしても、
全然問題なかったりします。
 
そして、そうなるとさらに建築コストを抑えることが出来ます。
 
なので、居住性という観点でも、そして経済性という観点でも、
これからの暮らしの質を高めたいとお考えであれば、
家の大きさの固定概念に縛られることなく
家づくりをしていただければと思います。

家づくりのスタート③何から始める?【3年後くらい編】

レバンテP2右上.JPG

3年以内に家を建てたいなら
家づくりのスタートは
何からすればいいのでしょうか?

①今まで以上にお金を貯める!と決心して、月々の貯蓄を2割増やす
☆先取貯蓄をするのがオススメ!

②「自分にとって大切なものは何か?」見学会に積極的に参加して、答えを探し出す!
☆家づくりの核となる大切な疑問なので、
時間がかかっても納得いく答えを探しましょう

③家づくりの夢を捨てず、家づくりを楽しむ
☆家づくりは現実的に困難なこともあります。
しかし夢はあきらめずに、
一生に一度かもしれない家づくり自体を楽しみませんか?

次回は、家を建てるのに必要な日数は?です

家づくりのスタート②何から始める?【1年以内編】

_DSC0566.jpg

1年以内に家を建てたいなら
家づくりのスタートは
何からすればいいのでしょうか?

1年以内に家を建てるとなると
ゆっくりしている時間はありません。
夢も必要ですが、夢だけでは家は建てられません。。

現実的な話にはなりますが、
まず資金計画をキチンと立てることが重要です!
「いくら借りられるか?」
「いくら返せるか?」
必要以上の金額のローンを組んでも、将来が大変になってしまいます

そのため後悔しない住宅ローンを組む必要があります。
住宅ローンについてのお話は、また後ほどご紹介します

次回は③何から始める?【3年後くらい編】

家づくりのスタート①家を建てる動機

安城021_R.jpg

家づくりのスタート
それは何のために家を建てるのか?
そこがスタートになります!

家を建てる動機で
一番多い動機は、子どものために建てる!というお声です。

しかし、よく考えてみると
実際に子どもと一緒に家で暮らす期間は短いものなんです。

子どもが生まれた年に家を建てても
大学進学などで家を出て
就職した場合、最長でも18年しか
家にいない計算になります。

いつか子どものために家を建てたい!と
考えているなら、少しでも早い方がオススメです

次回は②何から始める?家づくり【1年以内編】